パンスト嫌いがパンストを選ぶ!?

【パンスト大好き.com】パンスト画像、動画が満載のフェチサイト
無修正のパンスト動画、エロいストッキング画像がたくさん掲載されてます

実は、私は極度のパンスト嫌いで、スーツか冠婚葬祭のときくらいしかパンストをはいたことがありません。
なぜなら、あの窮屈さとムレムレ感。
どうにもガマンできないんですよね。

夏の最中にパンストをはくなんて以ての外で、冬でさえ避けたくなるんです。
ですから、いまだに夏は素足、冬はハイソックスで過ごしています。
しかし、私も年齢を考えなければならない歳になってきました。

足にはそこそこ自信があった私ですが、最近、毛穴や黒ずみは目立つし、青アザもなかなか治りません。
そのうえ、私は異常に蚊に指されやすく、初夏になると、足は虫刺され痕でいっぱいになってしまうのです。
いくら生足がお好きな殿方であっても、美しくない足はお断りですよね。

それに、マナーの面からも、パンストを身に着けた方がいいお年ごろというのがあると思いますし。
そこで、私はある誓いを心のうちに立てました。
それは、「脱・パンスト嫌い宣言」です。

パンストが嫌いなら、はくのが苦にならないパンストを選べばいいじゃないかということで、巷で噂のパンストについて調べてみました。
色々調べてみたなかで最も気になったのは、JOBSTというメーカーから発売されているパワーサポートタイプパンストタイプという商品です。

このパンストの何がよいかというと、足の部分によってかかる圧力が異なるように設計されているのです。
むくみやすい足首やふくらはぎ部分は強い圧力でキュッと引き締め、圧迫感が気になる太腿やお腹まわりは圧力が弱めてあるので、従来品のような窮屈さを感じにくいということでした。

そのうえ、ムレ防止のため通気性をよくしてありますから、私のようにムレが気になる人でも快適に身に着けられます。
まるで私の苦手部分に着目して改良してくれたようなこのパンスト、ただただ脱帽です。

きっと私と同じような理由で、パンストを苦手とする人が多いんでしょうね。
また、こちらのパンストは、足の各部に適度な圧力をかけてくれるので、むくみ防止に絶大な効果があるらしく、病院で着用を勧められた例もあるということです。

特に立ち仕事をすると足がむくんでつらいし、見た目も悪いもの。
また、足がむくみやすい人は下肢静脈瘤やリンパ浮腫といった病気を引き起こしやすいので、注意が必要です。
私も夕方になるとよく足がむくんでつらい思いをするのですが、このパンストでむくみが予防できれば、今まで苦手だったはずのパンストがむしろ手放せないものになってしまいそうです。

機能的にも見た目も優れたこのパンストは、ネットショッピングで手軽に購入できますよ。
私も、「脱・パンスト嫌い宣言」を実行すべく、さっそく試してみます!

ニュース
美脚集団『脚女』が品川駅に出現! ストッキングブランド『ASTIGU』が「リアルパンスト総選挙」開催

時代に感じるパンストの需要について

一昔間は、オフィスでもほとんどがスカート姿でしたし、プライベートでもスカートのファッションが主流でした。
さらに、短いスカートも現在より流行っていたので、非常にパンストを履く機会が多かったと言えます。

しかし、現在では、ミニスカートは若い女性が選ぶ場合がほとんどで、ある程度、落ち着いてきた女性の場合、足を隠すスカートが流行ですし、さらにパンツスタイルも主流になってきています。
ですから、足を出すスタイルで、とりあえず、パンストを履くという以前のスタイルが、当たり前ではなくなってきていると得ます。

若い女性のミニスカートでもハッキリ言って、生足が多いですしね。
つまり、何が言いたいのかというと、とりあえず履くものという認識なら、そこまでのこだわりを考える必要も無いですが、そうではない時代だからこそ、しっかりと選びたいということです。

当たり前のことではないので、よりおしゃれに見せるとか、美しく足を見せる演出をするなど、考えたいところです。
例を挙げると、引き締め効果なんかにもこだわりたいですよね。
生足ではないので、パンストを利用して、より魅力的に見せたいですからね。

だからといって、締め付けすぎると伝線がおきますし、窮屈になるのでそこは気をつけてベストの状態を手に入れたいものです。
そして、さらに気をつけたいのが、消臭ですね。
パンストを履くようなファッションの場合、履物はブーツや、パンプスが多くなるはずです。

これは、一般的な靴に比べて臭いやすいと言う欠点がありますので、しっかりと考えておきたいものです。
他に、こだわりたい部分は、やはり、カラーですね。
安く、お値打ちに買うことが出来る、セールを行っている場合、なかなか好みのカラーが無い場合が多いです。

もちろん、こだわると言っても、消耗品なので、一円でも安く済ませたいというのが人情です。
その場合は、カラーを暗めにしたいです。

だって、合わないと感じるパンストで、足が真っ白とかだと、かっこ悪いですよね。
反対に、暗いカラーならば、目立たなくていいと思います。

こんな感じで、何時でも、どんなシチュエーションでも履くという時代ではないので、きれいに見せる演出や、安く買う場合でも、上手に
選ぶという感じで、やっていきたいですよね。

とりあえず、男性が、足を見せると言う文化はありません。
せっかく女性に生まれて、それが楽しめるのですから、パンストと言うアイテムを、利用したいですよね。

 

今月の特集

大手からマイナーな引越し業者まで、最新に人気ランキングを掲載。さらに引っ越し料金を大幅に安くするお得な情報も!
引っ越し業者口コミ.jp